カテゴリ:陶芸( 52 )

なべ

電動ろくろに向かって集中する短い時間が結構楽しくて・・
でも、ちょっと気を抜くと失敗。
何度も何度も練り直して、粘土を追加して練り直して
出来上がったと思うと底が薄かったり
乾燥している途中で、取っ手が折れて落ちてしまったり。
b0042177_242920.jpgで、やっと出来たミルクパン。
このサイトのこのお鍋を参考にしたので、底にぐるぐる2重マルの溝つきで。

オーブンに余裕で入るサイズ。
このままオーブンに入れられるので、コンフィなんか作ってそのままテーブルにって・・のにも良いかな。


b0042177_251467.jpgもう一個は、酒器のつもりの片口。備前なので収縮率が高くて、中途半端なサイズ。もっといっぱい入れたい。

b0042177_253649.jpg

上から見るとわかるんですが、変なところにちっちゃい取っ手が。
こんな感じで中指を入れて使ったらどうかなぁ・・なんて思いながらつけたんだけど妙だ。
実際はたぶん普通に掴んでしまうだろうな。
[PR]
by yuenchi12 | 2009-04-09 00:02 | 陶芸

修行中。

最近は、陶芸教室に行っても、修行中みたいな感じでなかなか出来上がらず
でも妙にロクロの前に座って粘土を触っているのが楽しい。

失敗したら、前は何とか完成させたくて無理やり形にしていたけど、
そんなのは結局気に入らないのでお蔵入り。
気に入らないなら、何度でも練り直して作ればいいじゃないの~
と、何度もぺしゃんとつぶす。結構爽快(笑)

b0042177_0412673.jpg最近出来上がったものは、小さーい片手なべと、ウォーマーのセット。
バーニャカウダとか、チョコフォンデュ(たぶんやらない・笑)・チーズフォンデュ(には、ちょっと小さいか)・・と、用途と自分の趣向を考えると、バーニャカウダ専用です。

実際に使ったらどんな感じになるのか、楽しみ。
[PR]
by yuenchi12 | 2008-07-28 00:40 | 陶芸

やっと。

b0042177_15442815.jpg陶芸教室通いを再開して、何度も作っては練り直し・・の繰り返しでしたが
やっと出来上がりました。

やっと厚みも均一に出来るようになって、軽くて持った感じもすごくしっくりくる感じがうれしい出来上がりでした。
ちょっとだけ上達したような気になっています(笑)

備前の焼き締め(炭化焼成)の渋い感じがとっても気に入っているので、来年は、備前の同じカタチの酒器を揃いで作れるようになるのが目標~。
[PR]
by yuenchi12 | 2007-12-30 15:46 | 陶芸

ゆらゆら・・

b0042177_22221123.jpgだいぶ前でしたが、ゆらゆらする酒器が出来上がりました。
こんな感じで揺らすとかなり揺れます。
ほぼまっすぐに自立するので、揺らさなければこぼれることもなく使えました。

他にもいくつかつくったのですが、大きいとゆれも激しいので(笑)
小さめの方がよさそうかな~と思いつつ、作るのも楽しい器でした。
(コレは直径が7センチくらいの、ぐい飲みです)

b0042177_22222245.jpg

[PR]
by yuenchi12 | 2007-05-27 22:23 | 陶芸

ビールは泡。

b0042177_072488.jpg陶芸教室で、ちょっとずつ余った粘土を混ぜて作ったカップが出来上がってました。

黒御影と何か赤い粘土と白い信楽の粘土を混ぜて、炭化焼成したのでこげ茶色に。
片面だけに、竹ほうきでさらっと2種類の釉薬で模様をつけたのだけど
1つはほとんど見えませんでした。

焼き締めにしたカップは、何よりビールのきめ細かい泡が美味しいのでうれしいです(笑)

次回こそは、もう少したくさんビールの入るカップを作るのが目標!
[PR]
by yuenchi12 | 2007-03-29 00:08 | 陶芸

無心じゃ。

陶芸教室で、上手くできそうだな・・なんて思ったとたんに
へにゃーと歪んでしまうことよくあります。

先日DVDで観た映画「火火(ひび)」を思い出し、思い切りよく上からぺしゃっとつぶすと
ちょっとすっきりします(笑)



息を止めて集中して、すーっと粘土がきれいにロクロの上で立ち上がった後
ふーっと息をしながら、「なかなかやるじゃん?」なんて自己満足に浸りつつ眺めて
作りたかったのと違う形をつくってしまったり。

最近はまっているのが、偶然出来上がった丸っこい器。
まだ焼きあがらないけれど、うまく行けば・・起き上がりこぼしみたいにぽよんと揺れるはず。
いくつか作って、ぽよんぽよん揺らしながらまったりお酒を飲みたいなぁ。

想像すると、ふふっとうれしくなりますが
出来上がるまでは過度の期待は・・(苦笑)
[PR]
by yuenchi12 | 2007-03-13 22:37 | 陶芸

すり鉢。

b0042177_20123832.jpgこの間、久しぶりに出来上がったものは、くし目の無いすり鉢。さや鉢に入れて炭化焼成してもらいました。
半年前に素焼きをしてもらい、そのまま放置してしまったので懐かしい感じです。

くし目が無くても胡麻は擂れるのか?と、周りの人には言われたけど、自信満々で大丈夫ですよ~なんて言いつつ作りました。

だいぶ以前にどこかで見かけたくし目のないすり鉢は、くし目がなくても大丈夫なようなことが書いてあったし、こんな木製のものもあるので、絶対に大丈夫なはずー

b0042177_20141718.jpg早速擂ってみました。
ちゃんと擂れてますよ。
くし目に詰まってしまわないから、効率もいいし使いやすいです。
大きいサイズで作って、たくさん胡麻を擂るときにはどうなのかわからないけど、少しだけ欲しい時にはいいんじゃないかなと思いました。






b0042177_20153897.jpg
[PR]
by yuenchi12 | 2007-02-24 20:15 | 陶芸

混ぜる!

すごく久しぶりに陶芸教室に行ってきました。
何も変わらず、ゆっくりした空気感がとても懐かしく感じました。

b0042177_13345986.jpg誰かが作った器を眺めていたら、薄いピンク色の器があって、白い粘土にピンクの色素を練りこんだとのこと。
久しぶりだし、手捻りで何か変わった色のものを作ることにして、粉状の絵の具のようなものを水で溶いて粘土に練りこみました。

あっという間に混ざってしまって、後は本焼きが終わるまで他の粘土と見た目が変わらないので
間違えないように気をつけなくちゃ(笑)
[PR]
by yuenchi12 | 2007-02-04 13:35 | 陶芸

お皿2枚。

■伝えたい日本の美しいもの 「まめざら」

ukkyさんの豆皿100枚キャンペーンに触発されて、私もお皿を作ってみた。
2枚だけですが、取り皿として使えそうなもので、出来れば重ねられるもの・・・

ということで、たたらで伸ばした粘土を丸いお皿でぐるっとくり抜いて
同じ大きさの型にふせて、同じカーブをつけてみることに。

・・・こうやって作っても、たぶん出来上がりはキレイにぴったり重ならない予感です(笑
それがおもしろいんですけどね。


餃子とかのタレを入れるのによさそうな豆皿も、おそろいで欲しいな。
[PR]
by yuenchi12 | 2006-06-21 21:21 | 陶芸

そら豆行列。

b0042177_17582656.jpg陶芸教室で作っていた備前のカップが出来上がり
一緒に、カップを作った残りの粘土で作った備前玉がたくさん出来上がっていた。

そら豆の形で作ったものを、半分はそのまま焼き締めで、半分はさや鉢に入れてもらった。

こんな効果があるらしく、猫や犬を飼っている方は、飲み水の器に入れておいたりもするそうで。
なるほど。なるほど。
[PR]
by yuenchi12 | 2006-04-15 17:59 | 陶芸